· 

ヴィヴァルディ: マンドリン協奏曲 ハ長調 RV.425 1)アレグロ

 

今週は、アカデミー賞の授賞式の開催を記念して、

過去のアカデミー賞受賞作品がTVなどでも

放映されています。

数日前に、「クレイマー・クレイマー」を久しぶりに観ました。 以前観た時は、ストーリーや、俳優の演技の素晴らしさに    感動しましたが、今回は、音楽が特に心に残りました。

冒頭から流れてくるメインテーマは、「ヴィヴァルディ」。

「ヴィヴァルディ」と聞くと、個人的には、イタリアの画家、  ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」や「春」のような    優雅で華やかなイメージが重なっていたので、         NYという大都会の、当時としては最先端のライフスタイルが

抱える家族の問題(離婚、子育て、親権を争う裁判、

傷つく子供の心、子供を思う親の愛情など)

というかなり重たい内容とのギャップに、

最初は驚かされました。
_________________________

 

アントニオ・ヴィヴァルディ(1678-1741 ウィーン没)は、   イタリア・ヴェネツィア出身のバロック後期の作曲家で

あり、ヴァイオリニスト。カトリック教会の司祭で、

ピエタ慈善院付属音楽院でヴァイオリンの教師として、

後に「協奏曲長」として活動をし、同時に、オペラ作曲家、   ヴァイオリンのヴィルトォ−ゾとして名声を得て、

演奏旅行やオペラの上演のためにヨーロッパ各地を回りました。 

500以上の協奏曲、52の現存 するオペラを始め、

室内楽曲、カンタータ、オラトリオなど様々な作品を

残していますが、残念ながら、鍵盤楽器のための作品は

ほとんど作曲していないようです。
同じバロック時代に活躍したバッハとは対照的な

音楽家だったように思います。
__________________________

 

「マンドリン協奏曲 ハ長調 RV425 第1楽章 アレグロ」は、  軽快で明るくて、誰が聴いても思わず「クスッと」

笑ってしまうような魅力があります。
細かく刻まれる規則的なリズムは、デジタル的というか、
淡々としていて適度に心地よさを感じさせてくれます。

もし、「クレイマー・クレイマー」の中で

使われていた音楽が、バッハやブラームス、

いやショパンだったとしても、もっと重苦しい

雰囲気になっていた事でしょう。
「ヴィヴァルディ」をテーマ音楽に選んだ事で、

深刻な問題を投げかけている映画であるにも

かかわらず、感傷的になりすぎず、都会的なセンスと

マッチして、観終わった後に、清々しさが残る

心温まる作品になっていると思います。

_________________________

 

 *マンドリンとは?:中世からバロック期にかけて

ヨーロッパで用いられた「リュート」という古楽器から

派生してイタリアで生まれた撥弦楽器。

形は、日本の琵琶に似ていて、ギターのように

ピックを使ってつま弾くように演奏する。

__________________________

 

*CD:ヴィヴァルディ/マンドリン協奏曲集

   (オルランディ・ウーゴ)

 

*DVD : クレイマー・クレイマー

 

*you tube : ヴィヴァルディ:マンドリン協奏曲ハ長調 RV425