· 

シベリウス 「樅の木」(5つの小品 作品75より第5曲)


12月に入り、クリスマスのイルミネーションが街を彩る季節となりました。先日は、NYのロックフェラーセンターで、恒例のクリスマス・ツリーの点灯式が行われ、冬空の下、華やかなツリーがキラキラと輝いていました。

 

本日、ご紹介するのは、そんなクリスマス・ツリーに使われる「モミの木」をテーマにした一曲です。

 

フィンランド出身の作曲家、ジャン・シベリウスが作曲した「5つの小品 作品75 」の中の「第5曲」に収められています。「5つの小品」は、1つ1つの曲の全てに樹木の名前がつけられていることから、「樹の組曲」とも言われています。

 

「モミの木」は、常緑樹で、一年中、葉が枯れることなく青々と茂り続けることから、「永遠の命」の象徴とされていて、クリスマス・ツリーにも使われるようになったそうです。

 

しかし、シベリウスは、クリスマス・ツリーの華やかなイメージではなく、

 

長く厳しい冬の大地に根を張り、

 

風雪に耐えながら、

 

緑の葉を絶やすことなく立ち続ける

 

「モミの木」の力強い姿

 

を表現しています。

 

短い小品ではありますが、ミステリアスなアルペジオで始まる序奏の後、憂いをたたえつつも、深く力強く歌うテーマが始まります。

 

中間部はcadenzaのような長いアルペジオのパッセージが続き、まるで厳しい風雪がモミの木に吹きつけているかのようです。

 

しかし、再びテーマが戻ってくると、堂々と立つモミの木の姿がよみがえってきて、演奏を終えた後には、不思議と心が温まるような余韻が残ります。

 

和音やアルペジオが美しく織りなされ、洗練された、大人の方にふさわしい一曲と言えるでしょう。

 

寒さがいっそう厳しくなるこの季節、年末の街の喧騒から離れ、しっとりと心に染みる曲を奏でてみてはいかがでしょうか?

 

シベリウス:作品75 樹木の組曲より第5曲「樅の木」 演奏:舘野 泉





piaVie!~ピアヴィー!では、ピアノを通して、忙しい日頃のストレスから解放された、音楽に包まれるひとときを過ごして頂きたいという思いでレッスンをさせて頂いております。マン・ツー・マンの個人レッスンですので、ご自分のペースに合わせたレッスンを受講していただけます♪

 

京都・御所南レッスン東京・サロン・レッスンお問い合わせ・体験レッスンのお申込み>>