クラシック音楽と共に暮らす

11月もあと1日。12月に入ると本格的なクリスマス・シーズンに入りますね。この時期、家族や友人が集まって過ごす機会も増えてくる事でしょう。その際には、ぜひ、日頃レッスンで学んできた曲を弾いて、”プチ・サロン・コンサート”を開いてみましょう。1曲でもいいのです。おいしいごちそうや華やかに飾られたクリスマスツリー、そこに一曲音楽が加わる事でその時間は一層楽しく、心温まるものになるでしょう。 さて、ソリストの多いピアヴィー!ですが、今日は、お子さんをお持ちのNoelさんのお話をしたいと思います。Noelさんは、2歳になる息子さんをお持ちのお母様です。結婚される前からレッスンを続けられ、お子さんを出産された際も、すぐにレッスンに復帰され、現在も、ご自分のお仕事をバリバリこなしながら子育てに奮闘しつつ、毎月のレッスンを熱心にがんばっているパワフルでアクティブなお母様です。 そのNoelさんは、現在、シューベルト−リスト編曲の ”アヴェ・マリア” を弾いていらっしゃいます。半年ほど前から始められ、時間をかけて丁寧に練習を重ね、先日のレッスンの際に無事完成されました。本来のシューベルトの歌曲と比べるとダイナミックで華やかで演奏会向けのシューベルト−リスト編曲の ”アヴェ・マリア”… クリスマス・シーズンに合う曲でもあり、”この時期に仕上がって良かったな‥”と思いながら、スタインウェイのコンサート・グランドで演奏するNoelさんの演奏を聴いていた時… ふと、Noelさんのひざに乗って一緒にピアノを弾いている幼い子供の姿が目に浮かんでくるような気がしたのでした。 ”お母さんとお子さんが一緒にアヴェ・マリアを弾く事ができたら楽しいのではないか?” Noelさんの小さな息子さんは、成長するに従って、Noelさんの練習するピアノに興味を持つようになり、最近は練習を始めると一緒に鍵盤を叩いてみたりしていたずらをするようになってきたそうです。”息子が邪魔するんですよ〜”とおっしゃるNoelさんですが、それはきっとお母さんが楽しそうに練習に打ち込んでいる姿に興味を持ち、自分も弾いてみたくなったのではないかと思います。興味はあるけれど、どうしたらいいかわからないから、鍵盤を叩いて音を出してみたりするのかもしれません。 ”その子に、アヴェ・マリアのワンフレーズを教えてあげたらどうだろうか?” アヴェ・マリアはシンプルな単旋律の歌です。いつもお母さんが弾いている曲を聴いているならば、知らず知らずのうちにメロディを覚えているかもしれない。そのメロディーを、鍵盤のどこを抑えれば音が出るのか少しずつ教えてあげれば小さなお子さんでも弾けるようになるのでは…? お母さんとお子さんが一緒にメロディーを弾く、だんだんと慣れてお子さんが一人でメロディーを弾けるようになったら、お母さんが隣で伴奏を弾いてあげる… するとすてきなアンサンブルが生まれるでしょう。 このように、シューベルトの作った美しい音楽に触れる事から、音楽の楽しさ、美しさを感じ取り、お子さんの柔らかく豊かな感性を育ててあげる事ができるのではないか… とアヴェ・マリアのメロディーを聴きながら思ったのでした。 お子さんにとって、お母さんと共に過ごす時間は本当にかけがえのないものです。お母さんのひざの上に乗って、鍵盤から生まれる様々な”音”に触れる事は、きっとどんなおもちゃより魅力的な世界を知る経験となるでしょう。 ”子供にピアノを習わせたい” と多くの親御さんは思われます。しかし、自分が弾こうと思う方は多くありません。 でも、いきなり知らない先生の教室に行って、お行儀よく言われた事をやるという、型にはまったレッスンから始めるよりも、ご家庭の中で、いつもお母さんが弾くピアノを聴いて、その姿を見て自然と音楽に親しみ、興味を持って少し触ってみるうちに、きちんと習いたい(習わせたい)とレッスンを始められた方がスムーズにいくのではないかと思います。 そのためには、まず大人がピアノを弾くことの楽しさを知る必要があります。 Noelさんは、忙しい日々の中で、”自分の時間を持ちたい”とピアノのレッスンを再開されました。8年近い年月の中で、音楽に心を癒された事も多かったと思います。最初はレッスンをこなし、自分のために様々な曲を弾く事に熱心に取り組んでおられました。それが次第に、時には音楽を愛する仲間と集まってコンサートをされたり、ご自分の披露宴でも演奏をされたりと、ピアノ・レッスンの枠を超えて、Noelさんの生活そのものが、ピアノを通して音楽と共に暮らすスタイルになって来られたと思います。そうやって常に努力し、ご自分の感性を高めてこられているからこそ、お子さんを持たれた現在、日常に自然と音楽があり、息子さんはその環境の中で、ごく自然体で音楽に触れながら成長していく事ができるのだろうと思います。 Noelさんにはぜひ、息子さんとのアンサンブルに挑戦しつつ、半年かけて仕上げたご自身のヴィルトォーゾな演奏も披露する機会を持たれる事を期待しています。 ___________ ピアノと共に暮らす ピアノのある生活 大人のピアノ・レッスンには、ピアノを弾くだけではない、音楽と共に暮らすライフスタイルを送るためのヒントがたくさん詰まっています。それは、自分だけでなく、自分の周りも豊かに、幸せにしてくれる事でしょう。

秋は、「芸術の秋」と言われるように、ふとピアノなど楽器を弾いてみたくなったり、コンサートや美術鑑賞など美しい音楽や絵画に触れたくなりますよね! ヨーロッパでは、毎年9月から翌年の6月までがコンサート・シーズンです。...

「Intermezzo(間奏曲)」は、 主にオペラ等の幕と幕の間や、 多楽章の器楽曲(ソナタや交響曲)の 楽章と楽章の間に挿入される形で 用いられる楽曲ですが、 ピアノ曲には、ロマン派以降、 シューマンやブラームスといった作曲家によって 作られた「独立した」作品があります。 一曲一曲は5分にも満たない簡素な小品ですが、...

19世紀、ロマン派の時代になると、ピアノ開発の舞台はパリに移った。エラール社やプレイエル社を中心に発展が進み、ピアノ奏法の発達とともに、すばやいパッセージや連打、トリル等の装飾音符などに対応できるピアノが生み出されていった。エラール社は、現代のグランド・ピアノの原型となる技術を発明した…
クラシック音楽が長い時代を経て受け継がれてきた中で…ただ昔から伝わる古い伝統音楽に留まらず、いつの時代にも人々の暮らしに溶け込む事ができたのは、古いものの中から、常に新しいものを生み出してきたからではないかと思う。今回は、ピアノが歩んで来た道を辿ってみよう…
〜前章「共感する音楽と心 1」からの続き はるか昔、クラシック音楽はキリスト教の教会や貴族社会を中心に発展した。その目的に応じて、宗教的な式典(ミサ等)や、サロンでの社交のための音楽が多く作られた。 たとえば、J.S.バッハ。 バッハは、教会音楽家として活躍をし、神を讃える音楽を作るとともに、今日のクラシック音楽の基礎を築いた。 モーツァルト。...
クラシック音楽と脳との関係を科学的に考える事は、目に見えない音楽が、人の身体や心に及ぼす影響について、客観的に理解するヒントになると思う。 しかし、脳を通して与えられる力だけでなく、クラシック音楽にはもっと大きな力があると思う。 その一つは、私たちの心や感情に共感する力だ。
クラシック音楽を聴くと、気持ちがリラックスして安定する、心が癒されると感じることが良くあるだろう。 そのような心の動きは、「何となく心地良い」とか、「気分が落ち着く」といった感情的な事が原因のように漠然と思い込んでいるが、意外にも、人の心の動きには、脳の働きが深く関わっているらしい。...
(2018年1月16日更新) こんにちは。寒い日が続きますね。 寒い季節は、外に出るのも億劫になり、暖房の効いた部屋であまり動かずに過ごす事が多くなります。 気がつくと、運動不足になって、体がガチガチに固まっているように感じる事が多くなります。 手や指も、冷えると動きが鈍くなりがちです。...

こんにちは。毎日暑いですね! 7月のレッスンも無事に終りました。 ピアヴィー!・サロン・レッスンでは、 レッスンで学ぶ曲は生徒さんご自身で 選んでいただくように心がけています。 ピアノを弾く事やレッスンを続ける事を 心から楽しいと感じていただくためには、 ご自分で弾きたい曲を選ぶという事が 大切だと思うからです。...